2012年1月19日木曜日

ぬちまーすとは?

今、この時代に


��健康のために塩をたくさんとりましょ〜( ̄∀ ̄)ハハハ」


と言ったならば…


��チミは何を言っているのかね?(´・ω・`)」

��脳から変な汁の出しすぎなんじゃないのかね?(´・ω・`)」


と言われしまう…


ですが…


これからポイズンやすし30歳が書くことは紛れもない事実でございます( ̄∀ ̄)


一般的に、塩の摂り過ぎは高血圧を招く大きな要因だと言われちゃって…

やれ、減塩療法


やれ、減塩食

などなど

何かにつけて塩分を控えることがよしとされるこのご時世…


だがしかし、これこそが塩に対する大きな勘違い。


確かに塩の摂りすぎが健康に悪いというのも事実なんだ

食塩の場合、成分の塩化ナトリウムが体内に蓄積すると

体内の塩分濃度が高くなって

それを薄めるために水が血管に入り込み血量が増えて高血圧になるのですが

それは、今まで僕らが摂っていた食塩が

ミネラルを徹底的に取り除き科学工業用に精製された、塩化ナトリウム99.5%以上の塩だったからです。

じゃあなぜ僕らは摂りすぎると健康に悪い塩化ナトリウム99.5%の食塩を毎日使っていたか…?

これには訳がある。

日本は明治38年(1905)に財政収入の確保と、国内の塩事業保護育成目的として塩を国の専売にしました。

なんと、平成9年(1997)に廃止されるまで

実に90年以上にもわたって僕らは長い間塩を自由に選ぶこともできず

遂にはミネラルを徹底的に取り除き科学工業用に精製された塩(塩化ナトリウム)を


国によって強制的に摂らされていたのです!!(゚Д゚)ぇ


そこで、ポイズンやすし30歳の出番がやってきました( ̄∀ ̄)ニョキ


って、ポイズンやすし30歳は紹介するだけなのですがね( ̄∀ ̄)ハハハ


皆さん…

塩をどれだけ摂っても塩化ナトリウムを排出することができ…

高血圧にならないばかりか…

現代の人間に不足しているといわれるミネラルが豊富に含まれていて、摂れば摂るほど

健康になる塩も存在するのだ…

それが…


このブログでも度々登場する「ぬちまーす」なのです( ̄∀ ̄)

まず「ぬちまーす」は、他の塩と何が違うのか


それは他の塩よりも、ミネラルがダントツに多く含まれているということです。


その量はなんと世界一


す、すごすぎる(゚Д゚)


ではそのミネラルが、どんなものなのか書いていきたいと思います。

子供のころ、よくききませんでしたか?

人間は海から産まれたんだよ〜とか…

自分はきいたことがあります。

人間が直接海から産まれたわけじゃないけど

生命は海から誕生したとされています。

そして生命の誕生にはミネラルが多く関わっているのです。


そのミネラルですが、近年現代人に一番不足している栄養素だと言われてます。

本来ミネラルは大地(土)の中に含まれているのです。

ですから野菜などの、植物は土からミネラルを吸収して成長します。

それを食べることで、人間はミネラルを摂取することができるのです。

ではなぜ現代人も野菜を食べているのに、ミネラルが不足しているのか…
ってことですよね。

実は大地に含まれているミネラルは、雨が降る度にどんどん少なくなっているのです。

今から20年前の野菜と

近年の野菜、果物の栄養成分を比較してみると、

明らかに20年前の野菜、果物の方が栄養素が高いのです。

とくにほうれん草は鉄分やビタミン、カルシウムの減少率が約50%にもなっているみたい…。

そこで、不足しているミネラルをどう摂取するかと言うことになるのです。


あと、おもしろい話があります。

沖縄は長寿の国とされていますが、

それにはミネラルが大きく関わっているという説があります。

沖縄の土地は他の土地よりもミネラルが豊富です。


これは、なぜか?

結論をいえば台風が海からミネラルを運んでくるのです。

台風の原爆10万発に匹敵する強大なエネルギーによって海水を巻き上げ、

雨とともに沖縄の大地に降らせるのです。

これを聞いたときは、なるほどな( ̄∀ ̄)

と思いましたね。


ミネラルが僕らの体にどのように関係しているかなんとなくわかってきましたよね( ̄∀ ̄)

そして、ミネラルが不足すると僕らの体でどんな悪影響をおよぼすのか、簡単に書いてみます。


��、生活習慣病を招く

��、免疫力の低下

��、貧血

��、味覚の低下

��、思考能力の低下( ̄∀ ̄)チーン

などなど…


ここでまたまた興味深いが話がある( ̄∀ ̄)

これは病院食の話

病院食って健康のために塩分を控えた食事がでてきます。

通常の人は一週間、二週間、三週間と入院の日数が長くなるにつれ、やつれていきます。

その原因は病気だからではありません。


ナトリウムは腸から栄養を吸収する働きをします。

ですから、極端にナトリウムを抑えた食事のために栄養を吸収しないのです。

江戸時代なんかでも悪いことをして捕まった悪人が暴れようものなら

塩抜きといって、しばらく食事に塩を使用しなくさせることがあったみたい

そうすると元気がなくなってシュン(´・ω・`)とするからだそうで…

話をもどして

もしも、ぬちまーすを病院食に使用したならば

おいしくなり、栄養の吸収率を高め、なおかつ各種のミネラルの補充もでき

自然治癒力を高めてくれるのです。


ロンブーが司会のテレビ番組、

��ベストハウス図鑑」でも、日本のすごい塩べストスリーで一位に輝いた塩


それでは、なぜ「ぬちまーす」がこんなにもミネラルが豊富なのか…




これは塩の作り方に大きな違いがあります。


実は塩を作る方法は、進歩していないといったら語弊がありますが


塩作りが始まった太古の昔とさほど違いはないのです。

釜で海水を煮詰めるということは、海水が気化していく水分、結晶化する塩化ナトリウム、釜に残るミネラル入りの水分であるニガリの3種類に分解されると考えられます。

しかし、結晶化した塩はほとんどが塩化ナトリウムで、肝心のミネラルはニガリとして釜に残ってしまうのですから

今までは一番栄養のある部分を捨ててしまい、栄養の残りカスとも思えるような塩をありがたがっていたのです。


そこで、海のミネラルをほとんど残したままの塩「ぬちまーす」はどのように作られているのでしょうか?

その製法を一言でいうと「常温瞬間空中結晶製塩法」ということになります。

それは、海水を霧状に吹き出させ、それを大きな温風機で飛び散らせ、一瞬に海水を気化させてしまいます。


ですから、海のミネラルをほとんどそのままの塩ができるのです。


これは、僕個人の意見ですが

将来はこの製塩法が、全世界に広がり、製塩法の常識を覆し

新たな常識を生むと思います。

そして、全世界の生命に良い影響を与える物だと確信しています。

今回は「ぬちまーす」の産みの親、

高安正勝さん

の著書

��現代人を救う 塩 健康革命」

を元に、書きました。

常識を変えるには、ものすごい努力と忍耐が必要です

それらを産む力は


信じる力です


人類が空を飛べない時代に

空を飛んだライト兄弟


ろうそくの灯りが一般的な時代に電気を発明したトーマスエジソン

などなど、常識を覆すときに

必ず批判や偏見、横槍が入るものです。


ライト兄弟なんて、空を飛ぶ前は変な兄弟ですが、

空を飛んだら、世界の偉人…


新たな常識を作り出すのには骨がいります。



��ぬちまーす」も

今では数多くのテレビ番組に取りあげられ

沖縄、そして日本を代表する塩にまでなりました。

高安正勝さんも、ここまで来るのにたくさんの苦労を重ね、

また、多くの方々に助けられ

今日に至ると思います。

これは高安正勝さんの強い信念と勇気がそうさせたものだと思います。


近い将来、高安正勝さんの名前は世界に残ることになるでしょう。

そんな気がします。


高安正勝さんの思い、そして信念には感動して、涙が溢れました。

涙ってしょっぱいですよね

ミネラルも入っているはずです。

体から出ていった分、また補給しなければいけませんね



ぬちまーすで




「ポイズンやすし 金のもろみ酢」とは、いったいなんぞや?
こちらをクリック( ̄∀ ̄)
↓↓↓↓↓
「ポイズンやすし 金のもろみ酢」


アミノ酸クエン酸たっぷり( ̄∀ ̄)

アミノ酸とは?( ̄∀ ̄)


クエン酸とは?( ̄∀ ̄)


「ポイズンやすし 金のもろみ酢」




ポイズンやすしTシャツ



サイズ S M L XL  各、2000円












明るく楽しく元気よく〜⊂( ^ω^)⊃Yahoo!






2 件のコメント:

  1. この間、説明してもらったね。でも聞けば聞くほど不思議だよね〜塩が高血圧にいいなんてさ〜。医療界で仕事していたから頭が固いにのかもしれないな〜。たぶんカリウムが含まれていて血圧が下がるのかもしれないね。もっともっとミネラルが含まれているんだろうけど勉強不足で解らない。それにしてもこれにしても凄い勉強してんだね〜博士〜。自分もないか手伝いできるように勉強しま〜す。

    返信削除
  2. r2d2さん、ありがとう( ̄∀ ̄)
    ミネラルは極々微量なものなんだけど、なくてはならない大切なものなんだよね~( ̄∀ ̄)
    ( ̄∀ ̄)ハハハ

    返信削除